診療科・部門紹介
head_bumon

血圧計

先ずは皆さんにとって、最も身近と思われる検査、「血圧」についてです。家庭用の血圧計も販売されていますので、ご自宅で血圧測定をしていらっしゃる方も多いかと思います。そこで、私が今まで問い合わせを受けた事をQ&A方式でご紹介します。

Q1.家で計っている血圧と、病院で計る血圧が違うのですが?

A.血圧にはいくつかの測定方式があります。マイクロフォンを利用して脈の音から測定する物,脈の振動から測定する物,動脈に圧力計を押し当てて測定する物など、血圧計にもいろいろな種類があります。どれも同じ結果になるように設計されていますが、測定方法が違えば、その結果はぴったり同じというわけにはいきません。この測定方法の違いから、家と病院での血圧の違いが出てしまうことがあります。

Q2.でも、家にあるのと病院にあるの一緒ですよ?

A.いわゆる「白衣高血圧」というのもあります。下図は、ある患者さんの血圧です。外来から診察室に入り、看護師,次いで医師と血圧を測定した結果、ほぼ同様となっています。その後別室に移り、自動血圧計で5分おきに血圧測定しています。
ここで分かっていていただきたいのは、「どれが正しい血圧」という訳ではないということです。高い血圧も低い血圧も、その時点での皆さんの正しい血圧です。血圧は、運動の後,精神状態,食事の後,寝起き直後など、様々な要因で変化します。血圧に不安のある方は、測定結果と一緒に、時間と測定前に何をしていたかをメモして医師に相談してみて下さい。

Q3.じゃあ、血圧を測るのに良いタイミングってあるのですか?

A.基本的には、数分安静にした後、座位で、できるだけ毎日同じ時間に測定して下さい。朝の測定は、起床1時間以内,排尿後,朝食前,薬を服用している方は服用前が理想です。夜の測定は、食後1時間以降,排尿後,入浴前もしくは入浴後1時間以上経過後が理想です。その他、動悸,頭痛,めまい等、身体に異変があった時に、その症状と共に血圧をメモしておいていただけると、治療方針を決めるのに役立ちます。病院で血圧測定する時は、緊張するのも分かりますが、深呼吸をする等して、できるだけ気持ちを落ち着かせて下さい。また、移動で息切れしている時は、しばらく安静にして息を整えてから血圧を測定して下さい。

Q4.血圧が測れない時があるのですが?

A.Q1で血圧の測定方法をいくつか紹介しましたが、どれも脈を利用しています。厚手の服を着たままだと、機械が脈を見辛くなって測定できません。また、血圧測定のために服の袖を捲り上げ、これがきつく感じる様であれば、服によって血流が妨げられています。この場合も機械が脈を見辛くなって測定できません。脈の振動を利用している機種では、腕を動かしていると、機械がどれが脈の振動なのか分からなくなってしまい、測定できません。測定中は動かないで下さい。不整脈のある方は、普段から脈が不規則なため、機械での測定は難しくなってしまいます。病院で血圧測定する際には、お近くの看護師に伝えて下さい。聴診器を利用した血圧測定を行います。

最後に、血圧は簡単に測定できて、大切な情報を教えてくれる、医療にとって欠かすことの出来ない検査です。正しい知識を持って、上手に付き合っていきましょう。