新人教育プログラム

看護師として長期的なキャリアの土台となる最も重要な1年です。 当院での教育は、到達目標をあげ、集合教育と現場教育を連動して支援していきます。

【1年目の目標】

  1. 職業人としての態度を身につける
  2. 病院の機能や構造を理解し行動ができる
  3. 勤務部署の看護の特徴が理解できる
  4. メンバーシップがとれる
  5. チームメンバーの役割がわかり実践できる
  6. 看護ケア・業務を正確かつ安全に実践できる
  7. 看護実践を振り返り、学習課題を表現できる

◆新人看護研修プログラム◆

4月 新採用者オリエンテーション
基礎看護技術研修
5月 1ヶ月振り返り
6月
7月 3ヶ月振り返り
8月 夜勤業務について
9月 6ヶ月振り返り
10月 ローテーション研修
11月
12月 プロセスレコード
1月
2月
3月 1年振り返り
オリエンテーション(4月)

〈新任式・オリエンテーション〉
新任式は入社式に相当するもので、今春採用になる全職員合同で、辞令交付後に行います。 10日間の日程で様々な講義を受け、1週間が過ぎた頃、各病棟への配置となります。

・オリエンテーション内容
 ①病院長挨拶
 ②院内各部門紹介
 ③庶務手続き
 ④院内案内

〈看護部オリエンテーション〉
他部署との合同オリエンテーションに続き、看護部のオリエンテーションが実施されます。看護部の一員として知っておくべきルールや仕組み、手順などの説明が行われます。なかでも、安全・感染に関する注意事項の説明は重要です。患者さんの安全を守る為、実践する自分も安全に実施するため、安全対策や感染予防対策のルールを守る事は、医療者として最低限果たすべき義務です。
 
新人看護師にとって、最初の大きな壁ともいえるのが、リアリティショックです。医療構造の複雑化や、技術の高度化、患者ニーズの多様化に伴い、新人であっても入職してすぐに高いスキルを求められる場面があります。こうした中で命を預かる大きな責任として忙しい業務に直面して戸惑う新人も少なくありません。
 
当院では、このリアリティショックを少しでも和らげスムーズに職場適応できる事を目的とし、入職後すぐにこの研修を導入しています。
 
講義はプリセプターが中心となり、実践を交えながら楽しく研修が出来るよう工夫しています。

振り返り(グループワーク)

1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、そして1年が過ぎた頃に、新人看護師と教育担当による「振り返り反省会」を行います。
社会に出て集団生活に慣れ、職場の雰囲気に慣れ、業務に慣れ、そして一人前になっていくそれぞれの節目です。不安や今後の課題をその時々に抱え悩む時期に、同じ立場の仲間と情報や意識の共有を行う事で、自分ひとりが悩んでいるのではないと、前進していくきっかけとなれるようサポートしていきます。

夜勤業務について(グループワーク)

入職3ヶ月が過ぎると夜勤業務が始まります。夜勤業務を数回行った頃に合わせ、業務を行っての反省・不安などを新人看護師で共有し、今後の課題や解決策を見つけていきます。

ローテーション研修

6ヶ月が過ぎ、配属された病棟での業務にも少しずつ慣れてきた頃、他病棟での研修期間が設けられます。各病棟での看護の特徴に合わせ、配属された病棟では経験が難しい看護技術の習得を行います。

P1000541
P1000564
P1000577
P1000596
P1000607
  • 採用情報
  • 病院説明・見学会
  • お問合せ
kmcホームへ

病院ホームページへ
Kenpoku Medical Center
Takahagi Kyodo Hospital website

地域の皆さまに信頼される心地良い環境と
良質な看護を提供します