診療科・部門紹介
head_bumon

内科

当科の特色

内科では、内科系疾患全般を対象に診療しております。なんでもご相談下さい。
特に循環器内科領域は専門医を擁し得意な分野となっております。これに加え、当院の特筆すべき特徴は、広く内科分野全般にわたる知識と診療能力を持つ総合内科専門医を擁することです。これらの体制により、当科では、内科領域全般にわたる診療を提供します。

スタッフ

医師名専門分野
森山 直子内科一般、循環器内科

資格

日本内科学会会員
日本循環器学会会員

医師名専門分野
渡辺 重行内科一般、循環器内科

資格

筑波大学医学医療系 教授
筑波大学水戸地域医療教育センター センター長
筑波大学大学院スポーツ医学専攻健康スポーツ医学 教授
医学博士(筑波大学 博乙第790号)
日本心血管インターベンション治療学会認定医
日本心血管インターベンション学会認定指導医
日本内科学会認定内科医
日本心臓核医学会 評議員
日本心臓核医学会リスクマネージメントWG委員会副委員長
日本循環器学会関東甲信越地方会 評議員
茨城県PTCA研究会 世話人
日本心血管画像動態学会 評議員
日本心血管インターベンション治療学会 代議員
日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会 運営委員
日本心臓リハビリテーション学会 評議員
日本不整脈学会 評議員
日本成人病(生活習慣病)学会 評議員
日本心臓病学会 評議員
日本循環器学会 評議員
日本循環器学会 用語委員会 副委員長
日本医学会医学用語委員会 代委員
ジャパンハートクラブ評議員
日本心不全学会評議員
中日本PCI研究会 顧問
運動循環器病学研究会 幹事
日本不整脈学会植込み型デバイス関連社会問題対策委員会副委員長

医師名専門分野
小林 裕幸内科一般、総合内科、スポーツ医学

資格

筑波大学医学医療系 教授
筑波大学水戸地域医療教育センター 副センター長
筑波大学大学院スポーツ医学専攻健康スポーツ医学 教授
医学博士
日本内科学会認定総合内科専門医
米国家庭医療専門医
米国家庭医療学会フェロー
順天堂大学スポーツ健康科学部 客員教授
厚生労働省承認臨床研修指導医
日本プライマリケア連合学会認定指導医、代議員
日本体育協会公認スポーツドクター
日本体力医学会評議員

医師名専門分野
木下 賢輔内科一般、総合内科

資格

筑波大学医学医療系 講師
筑波大学水戸地域医療教育センター 講師
日本内科学会認定総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本プライマリケア連合学会認定家庭医療専門医

医師名専門分野
小野 公平内科一般、消化器内科

資格

日本内科学会認定内科医
ACLSプロバイダー
FCCSプロバイダー
日本消化器病学会会員
消化器内視鏡学会会員
日本肝臓学会会員
日本内科学会会員

医師名専門分野
大根田 実
(非常勤、火曜日、第1土曜日)
内科一般
河村 哲也
(非常勤、月曜日午前・金曜日午前/午後)
内科一般、腎臓内科
廣江 道昭
(非常勤、水曜日・木曜日 ともに午前/午後)
循環器内科、内科一般
非常勤医師
(金曜日、第1,3,5土曜日)
循環器内科

当科で扱う主な疾患

内科全般を対象に診療しております。
特に以下の分野には力を入れております。

1)循環器内科領域
心臓病、血管疾患、さらにその基盤となる高血圧、高脂血症を中心に診断、治療にあたっています。当院は以下の診断装置を有しており、これらを基盤に、患者さんに満足頂ける診療を提供、それぞれの患者さんの状態に応じた診断治療にあたっております。

  心電図
  心臓血管造影アンギオ装置
  64列心臓CT
  心エコー装置
  運動負荷装置
  脈波伝搬速度、ABI測定装置
  ホルター24時間心電図検査

2)総合内科領域
臓器別専門科にとらわれずに、内科全般の広くあらゆる健康問題に対処し、心のケアにも配慮して全人的な医療を提供することを目標としています。

3)消化器領域
内視鏡検査の際に、ご希望があれば鎮静剤の使用、経鼻内視鏡の使用もできます。患者さんの負担が少ない検査が実施可能です。
件数は胃・十二指腸内視鏡検査 150件/月 大腸内視鏡検査 60件/月程度ですが4月に小野が着任してから右肩上がりで増加しております。
人間ドッグでの胃がん検診も内視鏡検査を推奨しており、お待たせすることなく迅速に対応できます。

胆膵内視鏡検査(ERCP)15件/月
主に総胆管結石や膵臓癌・胆管癌による閉塞性黄疸の治療として行います。
4月に着任後に治療を開始し件数も増加傾向です。外科との連携も迅速に行い、手術等の追加治療が必要な際も早期の対応が可能です。

血便、黒色便、腹痛や黄疸などの症状が出ている方は早めにご連絡ください。迅速に対応し、遅くとも受診から1週間以内には必要な検査を全て行う方針としております。場合によっては入院での検査も可能です。

今後は早期胃癌、早期大腸癌の内視鏡治療(ESD)も積極的に行っていく予定です。ご相談いただけますと幸いです。