診療科・部門紹介
head_bumon

患者サポートセンター

平成29年4月より地域の医院、病院、関係施設等との連携を充実させるために、地域連携室、退院支援室、医療相談室を統合した「患者サポートセンター」を開設いたします。今後、「患者サポートセンター便り」の発行や当院のイベント等の情報を案内することで皆様と一緒に県北地域の医療を充実させたいと考えております。

ご質問、ご相談などがございましたら「患者サポートセンター」までお問い合わせください。

地域医療連携室

県北医療センター高萩協同病院では、地域の先生方との連携を深め、地域における質の高い医療の提供を目指して平成18年10月に「地域医療連携室」を設置いたしました。

◆ご紹介について

当院では、地域の病院や開業医の先生方と協力し合い、高度で専門的な医療を提供していきたいと考えています。

当院への患者さんのご紹介等に際しましては、ご紹介を円滑に行う為に、代表番号とは異なる専用回線で対応させていただいております。

ご希望の医療機関の方は地域医療連携室直通電話(0293-23-8525)までご連絡ください。

診療情報提供書兼受診申込書のご送付は、地域医療連携室専用FAX(0293-23-8506)をご利用ください。

◆医療機器のご利用について

当院では放射線診断機器を地域の医療機関の皆様へ開放しております。MRI、CT、骨塩定量検査の医療機器利用を随時受け付けております。

医療機器のご利用にかかる詳細はこちらをご覧ください。

診療情報提供書兼受診申込書(PDF)

退院支援室・医療相談室

患者さんやご家族が、病気や障害とこれからどう付き合っていくのか、ご自宅に帰られるのか、他の場所で療養するのかなど、患者さん自身の選択を社会資源(ケアマネージャー・老人施設・市役所等)と連携しながら支援していきます。

どういう時、必要になるのでしょう?

たとえば・・・

退院支援室・医療相談室

など、入院中の不安や心配事がありましたらお声掛けください。

◆退院調整看護師

入院患者さんの退院に向けた環境を整える業務を専門に行うのが退院調整看護師です。

患者さんとご家族が安心して退院できるよう、病院内外の職種と連絡をとり、適切な制度や社会資源との調整をはかりながら在宅療養への支援を行っております。

介護の方法・在宅医療に必要な医療材料など、在宅療養に関する相談の対応も行います。

*具体的に何をしているか?

療養に関すること、食事に関すること、お薬に関する内容が中心となります。

退院後を想定したリハビリや家屋の改築が必要な場合、退院前に理学療法士、ケアマネージャーと 同行して患者さんに外出していただき、ご自宅への訪問も行っています。

◆医療ソーシャルワーカー

医療・福祉制度、医療費の支払い、入院から自宅退院、転院、病院に対しての苦情、医療や病院に 対しての要望や苦情、医療や病院職員に対しての疑問・不安、カルテ開示等に関する相談に対応させていただいております。

相談内容について、秘密厳守はもとより、相談において不利益を与えることはありませんので、お気軽にご相談ください。

外来患者さんの場合

gairai

入院から退院までの流れ

入 院
主治医・病棟看護師、あるいは、患者さん・ご家族からの直接のご相談。
「入院診療計画書」に治療内容や退院の時期が記載されています。
患者さん・ご家族と退院調整看護師・医療ソーシャルワーカーが面談。

必要な支援について整理し情報提供、ある程度の方向付け、意向の確認をします。

病状が落ち着いたら、患者さん・ご家族を含めて院内外のスタッフと退院後の生活をイメージした退院に向けた話し合いをします。
【退院後介護や医療処置が必要な場合】
・介護保険申請や区分変更の検討
・介護保険サービスの内容検討
・訪問看護利用の検討
・退院先の検討
↓↓↓
ケアマネージャー、
医療ソーシャルワーカー等が
一緒にお手伝いします。

地域包括ケア病棟をご利用いただくことで、体力の回復を待ちながら、ご自宅の環境を整える準備ができます。

退院後の流れ

 

◆ご相談窓口について

<利用方法>

患者サポートセンター(1階 売店前⑳)に直接お越しいただくか、職員にお声かけください。

<相談受付時間>

月曜日から金曜日
(病院休診日は除く)8:30~17:00
土曜日(第1・3・5週)   
    8:30~12:30

<その他>

病気や診療内容に関するご相談はお受けできませんので、外来を受診の上、医師にご相談をお願いいたします。

患者サポートセンターへのお問い合わせ
地域連携室 0293-23-8525
退院支援室 0293-44-8775
医療相談室 0293-44-8775
(FAX共通)0293-23-8506