診療科・部門紹介
head_bumon

外科

当科の特色

当科は胃癌や大腸癌に代表される消化管悪性疾患に対する外科治療だけでなく、肝臓、膵臓、胆道系悪性疾患に対する難易度の高い症例に対しても、根治性と安全性にこだわった外科治療を積極的に行っております。胃癌や大腸癌に対する腹腔鏡下手術も数多く行っており、再建もすべて腹腔内で行う完全鏡視下手術にこだわりを持って行っております。胆石やヘルニア、虫垂炎などの良性疾患に対する腹腔鏡手術に関しても数多くの経験を有しております。乳癌に対する外科治療では精度の高いMRIや3Dマンモグラフィを用いて確実で安全な治療を行っております。

また急性期医療施設として虫垂炎や胆嚢炎、消化管穿孔などの急性腹症に対する緊急手術も24時間体制で行えるシステムを有しております。

私たちは患者さん、ご家族と十分なインフォームド・コンセントを図り、患者さんに最適な情報を提供し、その中で最適な手術法を探り、選択していただき、手術を行います。
術後は早期離床などにより回復を早め、退院までの日数を短縮させ、結果として早期の社会復帰に貢献しています。

外来では消化器癌を中心とした通院での癌化学療法(抗がん剤治療)も行っております。

スタッフ

医師名専門分野資 格
高橋良延 院長
(医学博士)
消化器一般 
高見一弘 外科部長
(医学博士)
消化器一般日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
廣澤貴志 
(東北大学、非常勤)
消化器一般
佐藤英昭
 (東北大学、非常勤)
消化器一般 
力山敏樹
(自治医科大学附属さいたま医療センター教授、非常勤)
消化器一般日本外科学会指導医
日本消化器外科学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本肝胆膵外科学会評議員・高度技能指導医 

当科で扱う主な疾患

上記

認定施設

日本外科学会認定施設
日本消化器外科学会関連施設

診療実績

2016年1月~2016年12月の手術症例数は262例でした。
その内訳は胃・十二指腸19例、小腸・結腸38例、直腸24例、肝臓6例、胆道52例、膵臓4例、その他甲状腺、乳腺、外傷、虫垂、ヘルニアが93例でした。
また腹腔鏡手術は137例であり、そのうち胃切除が10例、大腸切除が22例でその他、胆嚢摘出術や虫垂切除、ヘルニア根治術などが105例でした。