診療科・部門紹介
head_bumon

整形外科

2019年度高萩協同病院 整形外科の特徴

1.手の外科の常勤専門医が着任しました

  • 手の外傷(骨折、腱断裂など)の専門的治療が受けられます
  • 手の疾患(変形性関節症、リウマチ、手根管症候群、腱鞘炎など)の専門的治療が受けられます
  • 肘の疾患(変形性肘関節症、肘部管症候群など)の治療
  • 肘の人工関節

2.トップアスリートを担当するスポーツドクターによるスポーツ障害の診察を受けられます

3.経験豊富な専門医による人工股関節

  • 茨城県北部で股関節学会評議員が在籍する唯一の病院です
  • 股関節変形が高度の場合も対応できます
  • セメントレス固定・セメント固定のどちらにも豊富な経験があります
  • 県内で唯一IBBC法を行えます

4.経験豊富な専門医による人工膝関節

  • 茨城県北部で人工関節学会評議員が在籍する唯一の病院です
  • 高度の変形膝にも対応できます
  • 人工膝関節全置換術だけでなく、体の負担が少ない部分置換術も行います

5.骨粗鬆症の予防と治療に力を入れて取り組みます

  • 骨粗鬆症検診を行っています
  • 一人ひとりの患者さんに最適な骨粗鬆症治療を提案します

6.ロコモティブシンドローム(ロコモ)の啓発と予防に取り組みます

  • あなたのロコモ度をチェックします(リハビリにて)
  • ロコモ対策実行のお手伝い

7.関節リウマチの治療

  • 生物学製剤(注射薬)によるリウマチ治療
  • 人工膝関節・股関節だけでなく、人工肩関節と人工肘関節も行います
  • リハビリでの機能維持

8.脊椎・脊髄の治療(完全予約制)

  • 脊椎・脊髄専門医の診察と手術を含めた治療を受けられます
  • 常勤医師が診察し、必要な場合に予約をとります

スタッフ

医師名 専門分野 資 格
河村かわむら 春生はるお
(整形外科部長
・副院長)
人工関節
股関節外科
リュウマチ
骨粗鬆症
整形外科一般
医学博士
日本整形外科学会専門医・研修指導者
日本整形外科学会リウマチ医
日本股関節学会評議員
日本人工関節学会評議員
井汲いくみ あきら
(整形外科科長)
手の外科
スポーツ外傷・障害
整形外科一般
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本オリンピック委員会強化スタッフ(柔道)
柔道日本代表チームドクター
野上のがみ 裕子ゆうこ
(整形外科医員)
整形外科一般 筑波大学整形外科チーフレジデント
山路やまじ 晃啓あきひろ
(整形外科医員)
整形外科一般 筑波大学整形外科チーフレジデント
船山ふなやま とおる
(非常勤)
(第1・3・5水曜日午後、
第2・木曜日午前午後)
脊椎・脊髄外科 筑波大学講師
医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
藤井ふじい 賢吾けんご
(非常勤
第2・4火曜日)
脊椎・脊髄外科 医学博士
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会指導医
長島ながしま 克弥かつや
(非常勤・金曜日)
脊椎・脊髄外科
整形外科一般
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
柴尾しばお 洋介ようすけ
(非常勤・金曜日)
脊椎・脊髄外科
整形外科一般
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
十時ととき 靖和やすかず
(非常勤・水曜日)
手の外科
整形外科一般
日本整形外科学会専門医
岡野おかの 英里子えりこ
(非常勤・水曜日)
手の外科
整形外科一般
日本整形外科学会専門医

当科で扱う主な疾患

股関節・膝関節全般

手と上肢の外科(手の外傷・腱断裂・腱鞘炎・手根管症候群・肘部管症候群・肩関節)スポーツによる運動器の障害

脊椎(頚椎症性脊髄症・腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・脊椎骨折)

四肢の骨折・外傷

骨粗鬆症

関節リウマチ・痛風・偽性痛風

認定施設

日本整形外科学会研修指定病院

診療実績

外来新患数(整形外科) 2,558/1年間

手術症例数 412件(平成3041日~平成31331日)
手術の内訳 脊椎手術 87件
手術の内訳 人工股関節全置換術   9件
手術の内訳 人工膝関節全置換術 25件
手術の内訳 四肢骨折・外傷 191件
手術の内訳    このうち 大腿骨近位部骨折 84件
手術の内訳 手の外科手術 45件
手術の内訳 その他 55件