診療科・部門紹介
head_bumon

血管造影検査

xray-image86 SHIMADZU DIGITEX Safire

体内の血液の流れを画像化して血管とその支配臓器の病気を診断する検査を行っています。
検査は手首または肘や太腿の付け根の皮膚表面からカテーテルとよばれる直径数ミリの細い管を血管内に挿入し、X線画像誘導下で目的とする血管に誘導し、造影剤とよばれる薬剤を血管内に注入し高速連続撮影して画像化するものです。
さらに血管造影の手技を利用した病気の治療が広く行われています。狭窄・閉塞した血管を拡げ血液の流れを改善する血管拡張術、病変の栄養血管に治療薬を注入したり血管を塞栓して壊死させる治療、出血した血管を止血する治療、未破裂脳動脈瘤の瘤内を塞栓するなどの治療があります。これらはIVRとよばれ、外科的手術などと並ぶ治療法の大きな柱のひとつです。

頭部血管造影

くも膜下出血の原因となる動脈瘤や脳動静脈の奇形などの手術前に、その状態を詳しく観察したり、脳腫瘍の手術前に、腫瘍の近くを重要な血管が通っていないか、腫瘍に血管が入り込んでいないかなどを調べます。
また、動脈硬化で細くなった血管にどの程度血液が流れているのかなどを調べるうえで欠かせない検査です。
この画像は、左内頚動脈にカテーテルを挿入し撮影した画像です。動脈瘤があるのが分かります。

xray-image87 正面像
xray-image88 側面像

腹部血管造影

主に足の付け根にある動脈にカテーテルを挿入し、肝臓や腎臓、胆嚢、腸などの臓器の血管の状態と流れを検査します。腹部大動脈瘤、腎動脈瘤、肝臓がん、腎臓がん、膵臓がんなど、さまざまな疾病の検査に用いられ、大動脈瘤に対してはステントの留意・コイルによる止血、がんに対しては抗がん剤の投与といった治療も行われます。
この画像は、腹腔動脈にカテーテルを挿入し肝臓がんに対して抗がん剤を投与する前に撮影した画像です。動脈相で腫瘍が点在しているのが分かります。

xray-image89 動脈相
xray-image90 門脈相

放射線部に戻る