診療科・部門紹介
head_bumon

放射線部

放射線部について

放射線部では、診療放射線技師9名、助手1名で患者さんに安全で安心できる検査を受けていただくよう日々努めています。
また、高度な診断、治療を患者さんに提供するために最新鋭の放射線診断装置を導入しております。
当部署のスタッフは、これら最新鋭の装置を駆使し高度な画像診断技術をもって質の高い医療画像を提供してまいります。

装 置 構 成

一般撮影×2 ・ パノラマ ・ マンモ
X線TV×2 ・ CT ・ MRI
血管撮影 ・ 骨密度測定
ポータブル×2 ・ 外科用イメージ×3

一般撮影部門では、胸腹部撮影、骨撮影、歯科撮影などのX線撮影のほか、造影撮影部門では、胃透視、大腸撮影、腎臓尿管撮影、脊髄・関節腔撮影、子宮卵管撮影などを、特殊撮影部門では、マンモグラフィ、X線CT検査、MRI検査、頭部・腹部血管造影検査を行っています。
CTでは64列検出器を備えた装置、MRIでは3.0Tの最新鋭装置が稼動しており、従来機種に比較して高速かつ精密な検査ができるようになっています。
また、マンモグラフィにおいては、トモシンセシスという診断能を飛躍的に上げる機能を備えた最新鋭の装置を導入しています。